アンティグアからティカル遺跡のあるフローレスへ夜行バス移動!

アンティグアからティカル遺跡のあるフローレスという街へ夜行バスで移動します。

このルートを利用する人は多いみたいでいろいろ情報もあったのですが、失敗談はあまり書かれていなかったので、自分の体験をここに記したいと思います。

スポンサーリンク

P4156811

昨日、キリスト教について書いていしまったので触れられなかったのですが、見ず知らずの日本人の女の子に逆ナンされまして、飲みに行きました。銀行でお金をおろしたところを狙われて話しかけられました。

 

P4156872

その子は短期旅行者でスペイン語が話せなかったらしいのですが、お金おろせなかったみたいで誰かに質問したかったみたいです。つまり逆ナンではなく、ただのお困りの方でした。

彼女の悩みは解決できませんでしたが、とりあえず酒でも飲みに行こう、という流れで遊びました。この世の中、特に日本の外では、僕みたいに良い人ばかりではないので、簡単に知らない人についていってはいけなんですけどね。本当に気をつけてもらいたいところです。おかげでアンティグア最終日の夜は楽しく過ごすことができましたけど。

飲み屋からの帰り、危ないのでホテルまで送っていったんですけど、そのホテルが僕のホテルから遠いことこの上なくて。送り届けた後、30分かけてホテルまで歩いて帰ったのでした。

 

P4156873

そんなことがありまして、この日はゆっくり目覚めました。最後授業を受けに行くために街へ繰り出したところ、アジア系の軍人を発見。それもすごい数いまして、どこを歩いていても見かけるという事態。一体何が起こっているのでしょうか。

先生に聞いてみたところ、そのアジア系の軍人たちは北朝鮮の人とのこと。たまに来るらしいです。軍事演習がなんとかって言ってましたが、本当かどうかは定かではありません。そもそも北朝鮮なのどうかも定かではありません。でも先生を信じて、北朝鮮人という体で話を続けていきます。

 

P4156840

彼らの中には立派なスマホを持っている人もいて、ちょっとびっくりしました。この国でインターネット使われてしまったら、脱北したい衝動に駆られるんじゃないかって、北朝鮮のことを心配してみたり。スマホに何か細工が施してあるのかもしれませんが、ここでは情報規制できませんからね。

旅行者に写真をお願いされて、一緒に撮影する北朝鮮の方々もいました。芸能人みたいな扱いで羨ましいです。僕も一緒に写真を撮って欲しかったですが、恥ずかしくてお願いできませんでした。

そういえば僕にも似たような経験があるんです。聞いてもらえますか?

何年か前にベトナムの遺跡へ行った時、ベトナム人たちが遺跡をほったらかしにして僕に写真を求めてきたのです。韓流スターと勘違いしたみたいでした。ただの一般人である僕と写真を撮るための列ができたりして、近くにいた白人観光客たちは僕のことを本物の芸能人と勘違いしてました。その時は恥ずかしかったんですけど、振り返ってみると人生で一番のモテ期だったなと。たったの10分程で僕のモテ期儚くも終わってしまいましたけど…。

スポンサーリンク

アンティグアからフローレスへ夜行バス移動!

P4156882

フローレス行きは夜行バスしかないそうで、出発は18時。18時にホテルまで迎えに来てくれるということでしたが、暇すぎて16時からスタンバイを始めました。これで乗り遅れることはないでしょう。

しかし予定時刻である18時を過ぎても迎えはやって来ませんでした。さらに18時半まで待っても全く来る気配はありません。

「これ、もしかしたら迎えにこないパターンかもしれない……。」

僕は急に不安になりました。というのも、今回申し込んだ会社というのが、以前からよく利用していたところだったのですが、一度だけ迎えに来なかった前科があるのです。

なぜそんな信用のない会社で予約をしたのかというと、答えは簡単。一番安かったからに他なりません。こういうのってどこの会社で予約をしても、結局同じバスに乗ることになるのです。海外の小さな街ではよくあることなんです。それだったら安いところで予約するに越したことはないですからね。

一応予約するときに、「迎えに来なかったことがあったけど、今回は大丈夫?」と確認しまして、絶対に大丈夫だと約束してくれたので、お願いすることにしたのでした。

海外では予定時刻から30分遅れてくることなんて日常茶飯事のこと。ですが、今回のケースだけはどうも嫌な予感がしたのです。

確認するには早過ぎるかもしれないと思いつつも、フロントの方にお願いすることにしました。その人は、僕のソワソワに早くから気づいていて心配していたらしく、すぐに電話をかけてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

P4156884

電話で確認してもらったところ、少し遅れているだけだったらしく、19時10分に迎えがやってきました。1時間10分を少しと表現するグアテマラ人の感覚は理解に苦しみますが、とりあえず来てくれたので一安心。

この後、グアテマラシティまで行き、空港やら他のバス乗り場やらに連れて回され、僕のバス乗り場に到着したときには21時を過ぎていました。

 

P4156885

アンティグアからフローレス行きのバスは二種類あります。40ドルの1stクラスと30ドルの2ndクラス。

貧乏な僕は2ndクラスを選びました。予約する際に、何度も1stクラスにすることを勧められたのですが、助言を無視して安い方を選びました。

でもこのバス乗り場に到着した瞬間に後悔しました。だって、このバス乗り場には地元の人しかいなかったんです。平均月収3~4万円くらいのグアテマラ人と同じバスって、、、と考えると不安になりました。

 

P8310932

そしてチケットを受け取り、僕の不安は現実のものとなりました。

「(あれ、なんか30ケツァールって書いてあるように見える。)」

そこには紛れも無く「Q30(30ケツァール)」の文字が記されていました。

僕は旅行会社に30ドルという大金を支払ったのに、チケットには30ケツァール(約410円)って書かれてあるのです。アンティグアからグアテマラシティまでシャトルバスで10ドルくらいするので、それを差し引いたとしても20ドル支払ったことになります。

だいぶボラれました。こんなことならあと10ドル払って1stクラスのバスにしておけばよかったです。

てか「Polen」ってどこ?フローレス行くの?

 

P4156895

それにしても、なんですかこのバス。どこのメーカーのバスなんですか。ブレーキ壊れてない?タイヤ外れない?車検通ったことありますか?いや、新車だったとしても通らない気しかしない。

「RAPIDOS DEL SUR」って文字も僕の不安を煽ります。RAPIDOSって特急列車という意味らしいので、「南の特急列車」ってことになります。誰もこの値段のバスに速さを求めてませんから。今すぐ「CONDUCCION SEGURA(安全運転)」に変えてください。

このとき、本能が「生命の危機的状況にある」と訴えかけてきているように感じました。とはいえ、文句なんて言えるはずもなく、バスに乗るしかありません。

 

P4156898

席は狭くリクライニングなんてできるわけもなく。この状態で約8時間のバスの旅が始まります。

アンティグア〜フローレス間のバスは極寒バスであると、誰かのブログに書いてあったので万全な防寒対策をしてきたのですが、このバスはエアコンがなく蒸し暑くて汗だくになりました。

通路には、背もたれのないおもちゃみたいな椅子に座るおっさんたち。乗せられるだけ乗せようという、人の命より金が大事なバス会社。安全もクソもありません。バスがブレーキを踏む度に、おっさんの腕がぶつかってきて、ほとんど眠ることができませんでした。

 

……なんて文句ばっか垂れていますが、本当はわかっているんです。おっさんが悪くないことも、バス会社が悪くないことも、旅行会社が悪くないことも。悪いのは助言を受け入れずに安さに走ってしまった自分だということも。

アンティグア〜フローレス間を移動するときには、絶対に2ndクラスにしないほうがいいと思います。10ドルで安全と快適を買いましょう。

    スポンサーリンク


    コメントを残す