KLIA2で乗り継ぎ入国!カプセルホテルは高かったので……

韓国のワーホリを終え、いよいよニュージーランドへ出発します。イギリス、オーストラリア、韓国に続いて4カ国目のワーキングホリデー。楽しみしかありませんね。

さっそくニュージーランドについて書いていきたいところですが、格安航空券を購入したためニュージーランドに到着したのは出国してから二日後。なので、ここから数記事はマレーシアのことを書くことになるかと思います。

「KLIA2で乗り継ぎ入国!カプセルホテルは高かったので……」の続きを読む…

100万ドルの夜景の由来とは?香港に行ってきました!

香港とかあんまり興味なかったんですけど、地元の友達が駐在員として香港で働いていたので、軽い気持ちで会いに行ってきました。そういうことなんで、観光と言うよりかは、友達の家に遊びに行ったという感じでしょうか。 「100万ドルの夜景の由来とは?香港に行ってきました!」の続きを読む…

プノンペンおすすめ観光スポット!忍び寄る中国マネー?

カンボジア王国の首都プノンペン。昨年、日本の「イオンモール」がオープンしたことで話題となりました。

そんなプノンペンに行ったときに、訪れておきたい2つのおすすめ観光スポットを紹介したいと思います。 「プノンペンおすすめ観光スポット!忍び寄る中国マネー?」の続きを読む…

アンコールワットだけじゃない!シェムリアップのおすすめ観光名所を紹介!

シェムリアップには何度か訪れたことがありまして、その中でもここは行ってよかったなと思うところをランキングにしてみました。シェムリアップにはアンコールワット以外にもおすすめの場所がたくさんあるので是非参考にしてもらえばと思います。 「アンコールワットだけじゃない!シェムリアップのおすすめ観光名所を紹介!」の続きを読む…

カンボジアの地雷博物館!シェムリアップからの行き方や所要時間について!

カンボジアを訪れる前の僕の頭の中には「カンボジア=地雷」という公式がありまして、カンボジアに来たからには一度地雷についてきちんと学ぶ必要があるなと思い、地雷博物館に行ってみることにしました。 「カンボジアの地雷博物館!シェムリアップからの行き方や所要時間について!」の続きを読む…

カンボジアでボランティア活動!個人でも参加することができます!

理由もなくカンボジアに2ヶ月滞在したことがありまして、そのときに一度だけボランティア活動に参加させてもらいました。帰国間際に。

約60日間、エアコンの効いた宿でカタカタとキーボードを打ち続けた結果、体重が75kgから83kgにまで増えてしまったので、炎天下での肉体労働はめちゃくちゃきつかったんですけど、終わってみたら本当に参加できてよかったなと思っている自分がいました。 「カンボジアでボランティア活動!個人でも参加することができます!」の続きを読む…

アンコールワット観光ベストシーズンは? 現地ツアーは一人で参加できる?

一度は訪れてみたい世界の観光地ランキング第4位くらいに選ばれていそうな気がするアンコールワットに行ってきました。第4位くらいにランクインしていそうなだけあって、なかなか良いところでしたよ。 「アンコールワット観光ベストシーズンは? 現地ツアーは一人で参加できる?」の続きを読む…

ベンメリア遺跡はラピュタのモデル?行き方やトゥクトゥクの相場について!

ラピュタのモデルになったと言われる場所がカンボジアにあることをご存知でしょうか?

ラピュタとか正直好きじゃないんですけど、そんな噂を聞きつけてしまったので、ベンメリアという遺跡まで行ってみることにしました。 「ベンメリア遺跡はラピュタのモデル?行き方やトゥクトゥクの相場について!」の続きを読む…

プレアビヒア寺院遺跡の場所?世界遺産への行き方はツアーのみ? 

カンボジアの隠れた名所、プレアビヒア。世界遺産にも登録されているプレアビヒアですが、カンボジアに行ったことない人にとっては聞いたこともない場所かもしれません。

「プレアビヒア寺院遺跡の場所?世界遺産への行き方はツアーのみ? 」の続きを読む…

シェムリアップで日本人におすすめしたいゲストハウス!夜は治安が悪い?

シェムリアップにはこれまで4〜5回訪れたことがあります。その度に必ず宿泊しているお気に入りのゲストハウスがあるので、勝手に紹介したいと思います。あと、ちょっと怖い話も。

「シェムリアップで日本人におすすめしたいゲストハウス!夜は治安が悪い?」の続きを読む…

シーパンドンからシェムリアップへの行き方!バスでラオス国境越え

ラオス最南部にあるシーパンドン。シーパン(4000)ドン(島)という名前の通り、メコン川の約40kmに点在する数千もの島々からなる場所。

その中で最も観光客で賑わうと噂の”デット島”に一週間ほど滞在してきました。 「シーパンドンからシェムリアップへの行き方!バスでラオス国境越え」の続きを読む…