ラグナ・コロラダという赤い湖?ボリビア〜チリ2泊3日ツアー2日目!

ボリビア〜チリ2泊3日ツアー2日目。今日の目玉は赤い色をした湖。本当にそんな色の湖が存在するのかわかりませんが。

大体こういう情報っていうものは盛られてなんぼみたいなところありますからね。「茶色い湖」を無理矢理美化させて「赤い湖」とか言ってんじゃないかな、と予想しながらの出発です。

スポンサーリンク

P2283274

6時半に朝食を食べて7時に出発という話だったので、がんばって6時半前に起きたのですが、朝食が運ばれてきたのは7時半。んで、出発は8時となりました。これがボリビアタイムってやつなんでしょうか。

 

P2283311

ツアー2日目は火山の展望から。大きな岩の上に立ち、壮大な景色を楽しみました。あの浮かれて両手を広げちゃってるのが僕です。

写真の右側にギリギリ写り込んでいるのが、ボリビアとチリを跨いでいるオジャグエ火山。正面にある山は、よくわかりませんが立派ですね。噴火して上の部分が吹っ飛んじゃったみたいな形をしています。

 

P2283349

カニャパ湖。地球の歩き方に「フラミンゴのいるカニャパ湖」と紹介されていました。この先、たくさんの湖を経由していくことになるのですが、どの湖にもフラミンゴがいました。というか、カニャパ湖のフラミンゴは他と比べて圧倒的に数が少なかったです。なんなら湖というか小さな池ってくらい小規模なものでした。なんで地球の歩き方に「フラミンゴのいるカニャパ湖」とか、わざわざ書かれてあるのかが不思議でなりません。他の湖の方が大きいし、フラミンゴがたくさんいるのに、そっちは紹介してないんですからね。

 

P2283369

たしかLaguna chiar kkotaという湖だったと思うのですが、湖畔に石の塔のようなものがたくさんありました。僕の中では「石を積み上げる=I’’s」という公式があります。I’’sをご存じない方、申し訳ありません。昔、少年ジャンプで連載されていた漫画です。

今、「そんな古い漫画しるかボケ」って思った方にこれだけは伝えたい。僕は思春期の頃にI’’sと出会い、恋愛のいろはを学んできました。そんな僕にとってのバイブルであるI’’sをですね、現役大学生であるわたるくんに紹介してみたんです。

そしたら彼、僕が話しかけても返事くれないくらいI’’sの世界に入り込んでしまいまして。寂しいからその日は先に眠りについたんですけど、朝起きたら彼がまだ起きていまして、ちょうど読破したところでした。全十五巻の読み応えのあるI’’sをですね、寝る間を惜しんでたったの一晩で読んでしまったのです。彼の驚異的集中力も然ることながら、世代を越え全ての男を虜にしてしまうI’’sの凄さといったら。まだI’’sを読んだことない方は是非読んでみてください。

自分でもビビるくらい話しそれましたので戻します。

 

P2283401

カラ湖。この絶景を眺めながら昼食をとりました。

この湖の情報については地球の歩き方に載っていなかったのですが、すごく大きいですし、フラミンゴもたくさんいました。全ての項目でカニャパ湖を上回っているんじゃないかなと。

 

P2283410

石の木(Arbol del Pierda)。その名の通り木のような石です。どのようにして作られたのでしょうか。

スポンサーリンク

P2283443

石の木を越えると、エドゥアルド・アバロア国立自然保護区の中に入ることになり、入場料150ボリビアーノ(約2300円)を支払わなければなりません。ツアー料金だけでも高かったのに、さらに出費を課せられるのは正直痛かったです。

 

P2283453

自然保護区入口のすぐ近くにある宿に泊まったのですが、ツアーメンバー全員で一部屋にいれられました。昨日も書きましたが、ツアー料金ってすごく高いんです。めちゃくちゃ値切ったのに、750ボリビアーノ(約11500円)もしたんです。それなのにこんなドミトリーに詰め込まれて。しかも、シャワーを浴びたい人は別料金で15ボリビアーノ払わないといけないんですよ。部屋にはコンセントがないし、外のコンセントは電気が通っていないし。ぼったくりにも程があります。

ドライバー兼ガイドを務めているクアルさんは、休み無しで毎日毎日働かされているそうです。それでも給料は2500ボリビアーノ(約3900円)。僕が申し込んだ旅行代理店(韓国系)は、まさにブラック企業です。

ちなみに、チリのサンティアゴで出会った友達は、日本人がよく使う代理店で二泊三日のツアーに申し込んだそうなのですが、運転中にドライバーが眠ってしまい、対向車と正面衝突したと言っていました。中には顔が血だらけになっていた女性もいたんだとか。この大事故により、友人以外全員がそれぞれの国に帰っていったそうです。

おそらく、ウユニにあるほとんどの旅行代理店が同じような勤務体制をとっているはずです。どこの代理店が悪いとかじゃなく、事故に遭うのは運次第ということなのかもしれません。

 

P2283536

ツアー料金に見合った宿ではありませんでしたが、観光だけでみれば大満足でした。見どころがたくさんありましたし、天気も良かったですし、文句のつけようがありません。

このラグナ・コロラダが、水の色が赤いといわれている湖。

 

P2283461

本当に赤いです。茶色を赤と言ってるんじゃないかと予想していましたが、本当に赤い色をした湖でした。

ここラグナ・コロラダにもフラミンゴがたくさんいました。飛んでいるフラミンゴをこの目で見るのは生まれて初めてのことだったので、いい歳して少しはしゃいでしまいました。

 

P2283496

湖の横にある水たまりまで赤かったです。赤いのはアルギニンが関係しているからだと、クアルさんが言っていたような気がします。

 

 

P2283522

2日目は8時から17時まで9時間で終了。移動が多かったのですが、窓からの景色がずっと綺麗だったので、殆どの時間を観光しているかのような気分を味わうことができました。

19時に夕食を済ませて早めに就寝。明日は朝4時起き。昨日の2時半起きと比べるとぜんぜん遅いですね。9時まで観光をして、そのあとチリに入国します。

    スポンサーリンク


    コメントを残す