リマの日本人宿「江田イン」に泊まりました!

エクアドルから長距離バスでペルーの首都リマまで移動。しんどかったです。

リマでは有名な日本人宿「江田イン」に泊まりました。

スポンサーリンク

朝10時、リマに到着。二日前の夜9時にエクアドルのグアヤキルを出発したので、結局37時間のバスの旅となりました。

いつもならバスを降りて写真を撮ること忘れないのですが、この日は完全に忘れてしまいました。疲れていたのもそうですが、預けていたスーツケースが水浸しになっていたことが原因だと思います。

かつて、ネパールから乗った香港行きの飛行機で、預けていたバックパックが「カレー」まみれになるという事件がありました。それを機にバックパッカーを卒業しスーツケーサーとなったという経緯があるのですが、今回は幸いな事にもただの「水」だったので干したらなんとかなりました。中もびしょびしょだったので、洗濯物が多くて大変でしたけど。

 

IMG_2169

リマの中心地にはバスターミナルがなく、各バス会社がそれぞれのターミナルを持っています。僕が降り立った地は「CIVA」というバス会社のターミナル。そこから目星をつけていた宿までタクシーで向かうことにしました。

このタクシーに乗るまでに2台のタクシーと交渉していたのですが、どちらも30ソル(約1000円)と言われまして。その値段がふっかけられているのかどうかわからなかったのですが、1000円はちょっと高い気がしたので諦めずに交渉を続けところ、20ソルでいいと言ってくれたおっさんを見つけました。20ソルでも少し高いような気もしましたが、これ以上交渉するのも面倒くさくなっていたのでお願いすることに。

おっさんは以前漁師をしていたらしく、10年ほど前に一度だけ横浜に来たことがあると言っていました。南米の人というのは、日本どころか近隣の諸国にすら行ったことのない人が多いので、まさかこんなところで僕の地元に来たことがある人に出会えるとは思ってもいませんでした。

 

IMG_2185

リマの日本人宿「江田イン」。渋滞に巻き込まれたのでCIVAのターミナルからは30分もかかりました。

宿に着くまで車内にて、僕の下手くそなスペイン語をやたらと褒めてくれたタクシーのおっさん。スペイン語を褒められたのは初めてのことだったのですごく嬉しかったんですけど、もしかしたらチップ狙いなんじゃないかなと疑ってしまった僕。

貧乏なのでチップをできるだけ払わないで済む方向に持っていくために、逆におっさんのことを褒めちぎっておきました。チップ欲しそうな顔をさせないように、おっさんが褒めてくれた以上に徹底的に褒めちぎっておきました。

 

グーグルマップで江田インの場所を探せなかったので隣の家の地図を。ちなみに江田インの住所はJr.Tacna N 1475, Lima, Peru。この辺りに来れば日本語で「江田イン」と書かれた建物があるので、すぐに見つけられるはずです。

スポンサーリンク

IMG_2188

建物の中はこんな感じ。オーナーのホルヘさんは片言の日本語を話す可愛らしいおじいちゃん。日系二世って言っていたような気がします。

ドミトリーは35ソル(約1100円)で、シングルが55ソル(約1800円)。リマは物価が高いですね。

 

IMG_2187

湯船があるので旅の疲れを癒やすことができます。先日エクアドルのバニョス・デ・アグア・サンタという温泉の街(カメラを盗まれた思い出の街)に行って来たばかりだったので、僕はお湯に浸かることはありませんでしたけど。

 

IMG_2178

荷物を置いてすぐにカメラを買いに行きました。ペルーに入る前に「カメラを買うならどこがいい?」と友達に聞いておりまして、そのときに紹介してくれたのが「HIRAOKA」という家電量販店でした。日本で言うところのビックカメラのような存在じゃないでしょうか。名前が日本的なので、もしかしたら創設者が日系人なんじゃないかと思いつつ、日本の名前を使った方が売上が上がると考えるずる賢い人かもしれないと思いつつ、カメラを購入しました。

購入したのはオリンパスのペン。盗まれたカメラもペンだったのですが、それよりも新しい型のもの。日本ではさらに新しい型が販売されていますが、この店ではそれが最新型として飾られていたのです。まあペルーなんでしょうがないでしょう。値段もそこそこしましたが、とりあえずカメラ復活はテンションが上りますね。

宿に戻り2日分の疲れを癒やすかのように爆睡しました。昼過ぎに寝て、目が覚めたら夜でした。

 

P2110107

僕はあまり人と仲良くなれないタイプというか、自分から話しかけることはほぼないですし、相手からも話しかけられることも少ないのですが、ドミで隣になったタクローさんという方とはなぜか意気投合してたくさん話をするようになりました。

タクローさんのバックパックに猫がオシッコをしちゃいまして、普通なら文句の一つや二つ言いたくなる状況なのに、タクローさんは全く怒らないという超神対応見せていいました。

「なにこれ?猫のオシッコじゃん!笑」

とか言いながら淡々とオシッコを片付けていました。バックパックにオシッコ染みこんでたのに笑ってたんです。僕はスーツケースが水浸しになっただけでイラッとしていましたし、バックパックがカレーまみれになったときはキレていただけに、悟りを開いているかのようなタクローさんの姿を見て妙に興味が湧いちゃいました。この人は何者なんだって。それで話してみたら、やっぱり只者じゃなかったという。

そういう人ってネタを引き寄せるようにできているみたいです。タクローさん、猫にオシッコされたのは今回の旅(まだ数ヶ月)で2回目って言ってました。

僕は面白ネタなんかよりもスーツケースを守ることの方が圧倒的に大事だったので、オシッコの被害にあわないようにスーツケースを机の上に避難させておきました。

    スポンサーリンク


    2件のコメント

    • 吉田

      はじめまして。吉田と申します。アウトドア店で働く23歳です。
      ペルーに旅行に行こうと考えています。目的はリマ、クスコ、マチュピチュ観光と、ワイナピチュ、レインボーマウンテン登山です。日本のツアーで行くことも考えましたが、登山を含むツアーがないので単独で行こうと思っています。ですが、私は英語もスペイン語も話せないので不安です。日本人のゲストハウスに泊まり旅の目的を果たしたいと思うのですが、現地の情報が少ないので教えてほしいです。日程はまだ決めていませんが長期で行きたいと思っています。スペイン語にも興味があります。

      • たまねぎ剣士 たまねぎ剣士

        はじめまして。

        僕はレインボーマウンテンという場所には行っていないのでわかりませんが、
        他の場所に関しては全てネットで情報を集めることができたので
        英語とスペイン語がわからなくてもWi-Fiさえあれば問題ないかと思います。
        (ペルーにはどこでもWi-Fiがありますのでご心配なく)
        日本人宿に泊まる予定であれば、日本人のバックパッカーに出会えると思いますし、
        旅ノートが置いてあるかもしれませんので、リアルな情報を得ることができるはずです。

        スペイン語に興味があるということですので、
        もし時間とお金が許すのであれば短期で語学学校に通われてみてはいかがでしょうか??
        おそらくリマあたりには語学学校があるかと思いますし。
        最低限のスペイン語を知らないと困ることはたくさんあると思います。
        僕は最初の頃、スペイン語の数字すらわかなかったので、色々苦労しましたので。

        もし他にも質問などがあれば分かる範囲でお応えしますので聞いてくださいね。
        それでは気を付けて旅を楽しんできてください!

    コメントを残す