リスボン1日観光おすすめモデルコース!マドリードから寝台列車で移動〜

当時、ポルトガルは財政危機を迎えていて、そんな時期にポルトガルなんて行ったら危険かなって軽く考えていましたが、まさかその予想が的中することになるなんて…それもリスボンとポルトという二つの大都市で事件が起きるなんて…

事件の話は別の記事になりますが、この記事ではそのリスボン1日観光おすすめモデルコースを紹介していきます。

スポンサーリンク

スペインが誇るAVEという日本の新幹線に匹敵する速さの列車に乗りました。バルセロナを17時に出発してマドリードに到着したのは20時頃。おそらく東京から神戸くらいの距離感でしょうか。

マドリードからリスボンへは夜行列車で向かいました。22時25分に出発してリスボンに到着したのは朝の8時頃。

観光を始める前に荷物を置かせてもらうために、前日に調べておいたホステルへ向かいました。

 

DSC04555

Lisbon Lounge Hostel

18ユーロ(ドミトリー)

このホステルはたくさん表彰を受けているだけあって、働いている人はもれなく親切でした。チェックインするには早すぎる時間だったにもかかわらず、笑顔でチェックインをさせてくれる優しさ。そして、なぜか朝食まで食べさせてもらいました。

 

DSC04553

部屋はこの通りすごく綺麗でしたし、受付の人はもっと綺麗でした。リスボンに行くなら絶対にこのホステルがオススメです。

 

DSC04491

地下鉄に乗って観光へ。財政危機とは思えないほど立派な駅ですね。

 

DSC04494

ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路開拓を記念して建造されたジェロニモス修道院。立派すぎて震えます。

 

DSC04496

アーチの装飾もさることながら、モデル気取りで気障ったポーズを取る彼女も負けないくらい美しいですね。

 

DSC04504

修道院の前は立派な庭園になっていて、歩いているだけで貴族の気分を味わうことができます。

 

DSC04517

テージョ川の河口にあるベレンの塔。ジェロニモス修道院と合わせて世界遺産に登録されています。

 

DSC04523

発見のモニュメント。小さくて見にくいのですが、大航海時代の偉人たちがテージョ川に向かって並んでいます。先頭にはカラベラ船を持ったエンリケ航海王子が立っています。

 

DSC04527

モニュメント周辺の広場の地面には世界地図が描かれていました。それぞれ発見された年号が記されています。

 

DSC04528

日本が発見されたのは1541年。当時、紀伊半島が九州に匹敵する大きさだったことが伺えます。

 

DSC04532

空にはハート形の雲が浮かんでいました。なんか良いことが起きそうな予感です。

 

DSC04537

バスに乗って中心地へ戻ります。

 

DSC04540

リスボンの街には路面電車が走っているので、電線が張り巡らされていました。

 

DSC04543

美しい街並みに小洒落た路面電車がマッチしますね。

 

DSC04547

建物自体は新しくもないのに、なぜかいい感じの街並み。心が躍ります。

 

DSC04556

バイシャ地区をテージョ川に向かって歩いて行くとコメルシオ広場にたどり着きます。

 

DSC04563

圧巻のコメルシオ広場。歴史を感じます。

 

DSC04564

このコメルシオ広場をのんびり歩いていたら、ある女性に声をかけられました。

彼女がリスボンでの事件の犯人なのですが、その話は別の記事に書いてあります。興味があれば、この記事の最後にリンクを貼っておりますので、そちらからお願いします。

 

DSC04566

 

こんなに美しい街なのに、僕にとっては事件の思い出が残る街となりました。

スポンサーリンク

DSC04578

事件のことは忘れて観光へ。

 

DSC04582

旧市街は坂道が多く、何台もの路面電車に追い越されながら坂道を登っていきます。

 

DSC04591

日本で見かける電線にオシャレさを感じたことはありませんが、リスボン市内に張り巡らされた電線はなぜか絵になりますね。この違いは何なのでしょうか。

 

DSC04603

リスボンを代表する観光名所であるサン・ジョルジェ城に辿り着きました。歩いて来るにはちょっとしんどかったです。

 

DSC04613

この城には、ローマ人、西ゴート族、イスラム教徒、キリスト教徒などが入れ替わりで移住していたそうです。その名残から現在もイスラム色の残る城となっていました。

 

DSC04592

丘の上からの景色は絶景でした。一度でいいから、こんなところに住んでみたいものです。

 

DSC04598

でも、こんな坂道を毎日歩くのはきついので旅行で訪れるくらいがちょうどいいのかもしれません。

 

DSC04622

リスボン観光の起点となるロシオ広場。僕が泊まったホステルもこのすぐ近くにあります。

 

DSC04626

1584年に日本の天正遺欧少年使節団が1ヶ月滞在したと言われるサン・ロケ教会。400年以上も昔に日本人が訪れていた場所と考えるとすごく感慨深いですね。

400年後には日本からポルトガルへ簡単に行ける時代になっているなんて、当時の彼らには想像することができていたのでしょうか。

 

DSC04640

 

僕はこのあと事件に巻き込まれるわけなんですが、おすすめとしてはファドを聴きながら夕食にポルトガル料理を食べることでしょうか。

 

リスボン事件についてはこちら

 

51日目:ポルト観光おすすめスポット!リスボンからの移動方法について!

49日目:バルセロナ1日観光おすすめモデルコース!ガウディの建築物がヤバイ!

    スポンサーリンク


    コメントを残す