ロワール地方のシャンボール城

ロワール地方というお城がたくさんあるのどかな場所へ古城巡りに行ってきました。顔に似合わず、オシャレな行動をとった当時の自分に誇りすら感じています。

 

パリのオステルリッツ駅から鈍行列車に乗ること2時間ちょっと。11時44分にトゥール駅に到着いたします。

スポンサーリンク

DSC09612

駅前の広場です。ちょうど12時という奇跡。

 

ここから電車でいろんな古城に行くことができるのですが、一番有名なシャンボール城(世界遺産)へだけはなぜか車なしではいくことができません。(一番有名なお城なのに?)

 

そのためトゥール駅近くからミニバスツアーに参加しないといけませんでした。(そういうことか。お前も結局金か。)

 

ただ、このツアー、シャンボール城だけではなくシュヴェルニー城まで連れていってくれるとのこと。(でも34ユーロとか超高いんですけど。)

 

ここまで来てしまったので泣く泣くツアー参加を決意しました。

 

ツアーに参加したのは日本人のおじさんとイギリス人の老夫婦、そして当時25歳だった僕。この旅が初めての一人旅だったので、せっかく日本語が話せるおじさんや、この間まで住んでいたイギリスの老夫婦がいたのにもかかわらず、ずっと黙り込みを決めていました。今なら絶対に話しかけますけどね。

 

DSC09644

1時間くらいで到着。残念ながら左側は工事中のためはいることができませんでした。

 

それでも正面からはばっちり。

DSC09638

めちゃくちゃかっこいいんです。ただ、この興奮を分かち合う人がいなかったという。それだけが心残りです。僕はこのあと28カ国くらいヨーロッパを旅するのですがこのジレンマは最後まで続くことになります。ヨーロッパだけは一人旅とか意気がらずに友達、家族、できれば恋人か愛人あたりと行くことを強くお勧めします。

 

ちなみに赤い服をきている人はイギリスのおばさん、横の人はその旦那さんです。たぶん。

 

中に入るには9.5ユーロの入場料がかかります。まあそのくらいは覚悟していましたよ。34ユーロのツアーに参加して入場料をケチるなんてことできませんし。

 

DSC09629

この城は16世紀初めにフランソワ1世によって建てられたお城で、完成するまでに25年もかかったそうです。

 

この城一番の見所は二重の螺旋階段。人とすれ違わずに上り下りできるのです。そして、すごいことにそれを設計したのがあのレオナルドダヴィンチという噂。そんなすごい螺旋階段をご覧ください。

 

DSC09625

もはや天井と柱といった方が適切かもしれません。僕が撮ったのはなぜかこの一枚だけでした。記事の冒頭で当時の自分を褒めたたえたこと、全力で撤回したいと思います。

 

この螺旋階段を上がると中庭的な素晴らしいスペースに行くことができます。

 

DSC09622

中庭は風が気持ちよかった。気がする。

 

DSC09623

こんな景色も楽しむことができます。

 

DSC09643

滞在時間は1時間くらいでした。城の中ではこの城がどのように作られたのかなどビデオで説明してくれる素晴らしいコーナーが、あったような無かったかような。城とかたくさん行ったので正直どれがどれだか覚えていません。3年前くらいの話ですしね。

 

旅日記はもちろんつけてたんですけど、、、
そんな細かいことは書いていませんでした。すいません。

 

これから旅をされる方は絶対にブログなどに旅の記録を残しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

DSC09675

そしてシュヴェルニー城へ。

 

ちょっと似ています。外観は若干劣っていますが、室内は断然こちらの方が充実していました。

 

それもそのはず。17世紀に建てられたこの城には今なおその一族の末裔が住んでいるのです。

 

DSC09669

家系図。

 

ちなみにこの壁の白さの秘訣は年月が経つほど白くなると言われているブレ産の石を使用しているからなんだそうです。「本当にそんな石あるのかよ。どうせ召使いに何百年もの間毎日磨かせているんじゃないの?」とツッコミを入れたのは僕だけではないはずだと信じています。

 

DSC09650

こんなところで毎日食事していたらもっと上品な食べ方ができた自信があります。

 

DSC09653

こんなところで毎日勉強していたらもっと頭が良かった自信があります。

 

DSC09654

こんなところで毎日寝ていたら夜更かししないで早起きできる自信があります。

 

DSC09671

こんなところで毎日ハープの練習をし……なくていいや。

 

 

たぶんシュヴェルニー城に行った当時の僕は、こんなにひねくれた感情を持ち合わせていなかったと思うのですが…
どうしたんだろ。今日。調子悪いのかな。もしかしたら、この空白の3年の間に僕は大切な何かを失ってしまったのかもしれません。

 

DSC09647

 

今回行った古城以外にもいくつか古城があるのですが、1日に行ける数に限りがあります。本当は4個くらい行きたかったのですが。お城自体はかなり見応えがあっておすすめです。ロワール地方に行きたい方はレンタカーを借りると僕の10倍は楽しめるかもしれませんね。

 

4日目:ベルサイユ宮殿とシャンパンの産地

2日目:パリからモンサンミッシェル。

    スポンサーリンク


    コメントを残す