マルセイユ観光!ニースから鉄道で移動!治安が悪いらしいけど夜に到着。

かつてフランスの玄関口として栄えたマルセイユ。今ではフランスで最も犯罪発生率の高い町として知られています。

そんなマルセイユに行ってきました。

スポンサーリンク

 ニースから鉄道で移動!

ニースから鉄道で2時間半で到着。明るかった空も既に真っ暗になっていました。

 

DSC04150

こんな写真しか残っていませんでしたが、これが夜のマルセイユです。歩き方には大金を”持ち歩かないこと”といった注意書きがあり、かなりびびっていました。

宿は駅から徒歩30分。安さを求めたばかりに、恐ろしい夜道を長時間歩くことを余儀なくされました。そのあとも、ホステルに荷物を置いて普通にご飯を食べに行きました。

治安が悪いと聞いていましたが、何も危険なことは起こらなかったです。

 

観光

DSC04152

旧港のすぐ側にあるサン・ニコラ要塞。17世紀頃に建てられました。

 

DSC04155

19世紀まで大型帆船が出入りしていた旧港。今ではヨットやクルーザーが停泊しています。

 

DSC04156

漁師が取れたての魚を売っていました。

 

DSC04158

日本では売っていないような魚も並んでいます。

 

DSC04160

この旧港からはイフ島へ行く遊覧船が出港しています。(1時間に1本で往復10ユーロ)

残念ながらこの日はバルセロナに向かうため、時間がなかったので断念することに…

 

イフ島はマルセイユに来たら絶対に行くべき場所だと思います。せっかくなので画像を借りてきました。

 

14205955846_7efa9d6a0a_zPhoto by Jean-Pierre Dalbéra / Les îles du Frioul et le Château d’If (Marseille)

イフ島にあるイフ城は牢獄として使われていました。アメリカのアルカトラズ島みたいですね。

小説「モンテクリスト伯」の舞台となり、広くその名を知られるようになりました。

 

DSC04163

丘の上に見えるのがノートルダム・ド・ラ・ギャルドバジリカ聖堂です。

 

DSC04162

旧港の側を走っているプチトランに乗って、ノートルダム・ド・ラ・ギャルドバジリカ聖堂までは15分くらいで到着します。

ここも時間がないので諦めることに…

 

DSC04166

なんでここまで時間がないのかというと、前日、ニースで昼寝をしたせいで夜眠ることができず、大寝坊してしまったからですΣ(ノ≧ڡ≦)てへぺろ☆

 

DSC04167

これの乗り方さえ分かれば、もっと色々と回ることができたんですけどね。

 

DSC04168

何か立派そうな建物が見えてきました。

 

DSC04169

サント・マリー・マジョール大聖堂(マルセイユ大聖堂)でした。すごく大きいですね。

 

DSC04174

サント・マリー・マジョール大聖堂は、マルセイユで最も古い教会のようです。この角度から見ると、東ヨーロッパでよく見たような外観になっていました。

スポンサーリンク

 

DSC04176

マルセイユにはサメみたいな顔のトラムが走っています。

 

DSC04177

そういえば、観光をしているときに雨が降ってきたのは、ヨーロッパ鉄道の旅48日目にして初めてのことでした。

 

DSC04178

この旅、3つ目の凱旋門です。あと一つ(一番有名なやつ)登場する予定です。

 

DSC04180

出発の時間が近づいてきたので、ホステルに荷物を取りに行き、30分かけて駅へ向かいました。

 

DSC04181

空港と言われても納得してしまうくらい立派なマルセイユ駅。

 

DSC04182

中も空港みたいになっていました。どういうわけか木が生えていました。

 

DSC04183

ここからバルセロナに向けて出発します。

フランスの列車はすごく綺麗なんです。コンセントもあって近代的でした。

 

DSC04184

モンペリエ駅で乗り換えて、バルセロナには夜遅くに到着予定です。

 

49日目:バルセロナ1日観光おすすめモデルコース!ガウディの建築物がヤバイ!

47日目:ニース 地中海でのんびりバカンス!

    スポンサーリンク


    コメントを残す