海外での英語面接

大学卒業後、イギリスにワーキングホリデーに行った。大学在学中にはカナダへ一年間留学していたこともあり、それなりの仕事に就きたいという気持ちもあったが、最初はとりあえずの生活費を稼ぐために日本食レストランで働かせてもらうことにした。

スポンサーリンク

あまり知られていない話だが、日本から海外へワーホリしに行っている人の多くは日本食レストランにお世話になっていて、その中でも強者にもなると1~2年しかないワーホリ期間のすべてをその日本食レストランに捧げていたりする。

日本食レストランは日本人ならすぐに面接を受けられ、到着した次の日からだって働くことができたりとメリットはある。これとは別の話になるが、僕は旅の途中で資金が底をつきかけ東南アジアからオーストラリアへワーホリに行ったことがある。そのときもまず日本食レストランで働かせてもらった。なぜならオーストラリアに到着したとき、僕の財布の中には数十ドルしか入っていなかったからだ。(他にも泊まっていた宿の掃除をさせてもらい、宿代を無料にもしてもらっていた。)

だが日本食レストランというものは、働いているほとんどが日本人だったり、法外的に時給が安かったりとデメリットもある。それに、せっかく海外で働けるのに日本食レストランで働くのは…というような心理的な抵抗も少なからずあるはずだ。

僕は家賃代と生活費を稼ぐために2ヶ月という期間を決めて日本食レストランで働きつつ、他の仕事を探すことにした。

 

海外で働くといっても、いろんな種類の仕事があるわけで、特にやりたいことのなかった僕は「オシャレそう」という考えの下「スターバックス」に履歴書を配ってみることにした。履歴書はもちろん英語で記入しないといけないので、ネットでサンプルを探し、とりあえず真似して書いてみた。

履歴書を配りに行って判明したのだが、イギリスのスタバでは独自の履歴書の提出が必要だったということ。しかし、僕が最初に訪れた店のスタッフからは、手元にその用紙がないので他の店舗に行ってもらってくるようにと伝えられた。その瞬間に「この人は僕を雇いたくないんだろうな…」なんて察してしまったのだが、そこで引き下がるわけにもいかないのでロンドン中のスタバを渡り歩き、5軒目のスタバでなんとかその用紙を手に入れることに成功した。

その貴重なスタバ専用用紙に必要事項を丁寧に書き込み、受けたこともないTOEICの点数まで書き込み、10枚ほどコピーした。そして早速街中のスタバに配りに行った。店長がいる店も、いない店も「後で電話する」ということだけ告げられ追い返されてしまう。でも、やれることはやりきった。後は待つだけ。

 

それから2週間。待てど暮らせど一向に連絡が来る気配はなかった。

まあそんなもんだろうなと。ネイティブスピーカーでもない自分なんかが海外で簡単に働けるわけもない。そう思い、違う作戦を実行することにした。

スポンサーリンク

その違う作戦というのが「紹介作戦」。すでに働いている友達に紹介してもらうという至極シンプルなもの。ただ履歴書を撒き散らかすだけでは効率が悪いと考え、内部から攻め落とす作戦をとることにしたのだ。

そこで白羽の矢が立ったのが、某有名アパレルで働いていたCくんだった。Cくんに「職場に空きがあれば紹介してくれないか」と伝えてみた。

スタバの件もあるし、そんな簡単に仕事なんてもらえるわけがないだろう思っていたら、翌週には面接を受けさせてもらえることになった。驚くほどトントン拍子に話が進んでいく。Cくんに頼んでみてよかった。

スタバなんて連絡すらくれないのに、カフェよりも敷居が高そうなアパレルの方が先に面接をしてくれるなんて。このチャンスを逃したら次は来ないかもしれない。当たり前の話だけど本気で面接に臨むことを決意をした。

 

 

イギリスに訪れるのは初めてだったということもあり、何度かイギリスに行ったことのある叔母からのアドバイスを受け、持ってきていたスーツ。スーツなんてものをイギリスに持ってきていた日本人に出会ったことは一度たりともなかったことはさて置き、「今こそスーツの出番だ」と確信した僕は面接にスーツを着ていくことに決めた。

オックスフォードストリートというロンドンでも指折りのショッピングストリート沿いに構える大きなお店。大勢の客が出入りしているところを見るだけで尻込みしてしまう。ただこんなところで怯んでいては面接なんて通るはずもない。この1時間だけは別人になりすまそうと決意し店の中へと入っていった。

入口付近にいたスタッフに面接しに来たことを伝えると、すぐに地下にある薄暗く狭い部屋へと案内された。そこで待つこと数分、一人の黒人女性がやってきた。彼女は後に僕のパワハラ上司となり、見事なまでの上下関係を築いていくことになるのだが、その時は非常に穏やかで優しい印象を受けた。

面接では難しい質問など一切されることなく、「スーツで面接に来た人は初めてよ」なんて褒めてくれた。なんなら面接時間のほとんどがスーツの話だったんじゃないかってくらい、スーツの話で盛り上がった。

たわいもない話にかけた時間の方が明らかに長かったにも関わらず、翌日から働きにくるようにと告げられた。Cくんがこの店においてよほど信頼されているからこそだろうなと感謝しつつ、本来なら確実に必要のなかったはずのスーツをイギリスに持っていくことを勧めてくれた叔母にも同じくらい感謝した。

アパレルで働き始めた後、続々と履歴書を配ったスタバから電話がかかってきたが、時すでに遅し。「貴重な人材を手放してしまったことに後悔するがいい」と心の中で思いながらも、全ての店にお礼を伝えながら断りを入れた。

    スポンサーリンク


    コメントを残す