ノルウェーのナルヴィク駅へフィヨルド日帰りツアー。

キルナの昼間はやることがないので、日帰りでノルウェーのナルヴィクにフィヨルドを見に行ってきました。

日帰りツアーとはいいつつも、ただ単に電車で往復しただけなんですけどね。

スポンサーリンク

DSC00586

キルナ3日目も雲一つない程の快晴。

 

DSC00587

いや、左奥に雲見えるんだけど…と気づかれた方は流石です。

ただ、残念ながらあれは煙突から出た煙です。

DSC00450

これだとよくわかりますよね。キルナは鉱業が盛んな都市のようです。

 

DSC00589

お昼過ぎに駅へ向かいました。本当は10時半の電車に乗る予定だったんですけど、だらしない性格により準備が間に合いませんでした。

 

DSC00590

駅は相変わらず真っ白。

 

DSC00591

電車が遅れて暇すぎるので、こんなものまで写真を撮っていました。

 

DSC00592

約束の時間から遅れること40分。何食わぬ顔であいつはやってきました。

スポンサーリンク

ナルヴィク駅までは約3時間。欧州最北端にある駅らしいです。

ちなみに、進行方向に向かって右側に座るとフィヨルドがみれるとのこと。もしかしたら、右側の席が人気で座れないんじゃないかと少しだけ心配していましたが、安定のガラガラに心配して損をしました。

しかし、安心したのも束の間、新たな心配事が…

 

 

DSC00619

なんか外が暗くなってきたんですけど…

 

真っ暗でフィヨルド見れなかったらどうしよう…

 

あいつさえ遅れてこなければ…

 

 

朝早くに準備できなかった自分を庇うかの如く、すべての責任をあいつに押し付けた次の瞬間、、、、タイミングよくフィヨルドが出現したのです。

 

DSC00596

「これが、噂のロンバックス・フィヨルドか!!」

というくらい、すごい迫力だったんですけど、この写真ではそれを伝えることができませんね。

 

DSC00600

氷河によって削られてできたフィヨルド。これは川ではなく海なんだそうです。

 

壊れかけのレディオカメラでは、この時の感動を上手く伝えられないので、また写真を借りてきました。

 

14934343825_bb37cd49de_k
Tristan Taussac/Geirangerfjord

明らかにこっちの方がすごいんですけど、だいたいこんな感じです。

 

 

DSC00605

17時半過ぎにナルヴィク駅に到着。これが欧州最北端の駅です。

 

DSC00607

この暗さになると、もはやカメラは機能しません。ブレます。

 

そして、終電がなんと17時45分ということを知り、何もせずにキルナへと戻っていきました。

夏シーズンだと、駅からロープウェイが出ていて山の上からフィヨルドを一望することができるようです。是非、夏に訪れてみてください。

 

キルナに戻ると、街中なのにオーロラを観ることができました。

DSC00529

これ見た瞬間、「あんなにがんばって山奥まで行かなくてよかったんじゃね?」って思ってしまいました。

 

キルナ 80点

基本的にやることがない場所なのに、真冬に訪れるという。それでも死ぬまでに綺麗なオーロラを観ることができて本当に良かったです。他の場所は知りませんが、オーロラ観測ならキルナがオススメです。

16日目:スウェーデンからフィンランドへ移動。

14日目:キルナでのオーロラが出現する確率や天気について。(自分調べ)

    スポンサーリンク


    コメントを残す