サンホセからマナグアへバス移動!コスタリカ〜ニカラグア国境越え!

コスタリカの友達と会う約束をしていて、そのためにサンホセに3泊することにしていたのですが、まさかのドタキャンにあうという事件が起こりました、、、という話は前回の記事でしましたね。

今日はニカラグアへ向かいます。

スポンサーリンク

P4086152

今回もTICA BUSに乗りました。料金は15668.75コロン(約2900円)。朝の7時半出発で、マナグアまでは約9時間。

 

P4086148

TICA BUSってバスのくせにわざわざチェックインをしないといけないのですが、「出国税を払わないとチェックインできない」みたいなこと言われ、仕方なく払いに行くことに。でも税関でないTICABUSでなぜ出国税を払わないといけないのかよくわかりません。しかも、よくよく見たら、ちゃっかり1ドル懐に入れてますからね、TICABUS。

たぶん僕と同じように考え、こみ上げてくる怒りを抑えきれなかった人がこのポップを地面に叩きつけたのでしょう。端っこが割れてるのは、そのせいなんだと思います。

 

P4086153

コスタリカ側のイミグレ。1ドルを払ったからなのか、国境の手続きは全てTICABUSの方が済ませてくれました。なので、ただただ外で待つだけ。

 

P4086157

ニカラグアのイミグレ。ここで預けたパスポートが返ってくるまで待つこと40分。

どうせ待つなら自分で手続きしても良かったというか、逆にちょっとしたかったですね。少し前まで国境越えは楽な方が良いと思っていましたが、最近では国境越えしすぎてどれがどれだか記憶が曖昧になってきているので、少しくらい大変な思いをしたりアクシデントが必要なんだろうなと思うようになってきました。そうじゃないと全く記憶に残らないんで。これは国境越えのマンネリ化というやつなんでしょうか。

 

P4086161

何も事件が起こることなく、予定通りマナグアに到着しました。このブログ書いていなかったら何も記憶に残らない移動でしたね。

スポンサーリンク

P4086164

宿はターミナルに併設されているTICA BUSのホテル。シングル(扇風機)一泊14ドルでした。

 

P4086162

部屋はこんな感じで清潔です。Wi-Fiもサクサクでしたし、なかなか良かったですが、めちゃくちゃ暑かったですね。

 

P4096178

中途半端な時間に到着したので、とりあえずTICA BUSのターミナル周辺を散策してみることに。マナグアという名前がなんとなく丸いイメージがあって危険じゃなさそうだなと思っていたので、いつも通りカメラを首にかけて出発しました。

しばらくすると、近所のおばさんがすごい勢いで僕のところまで駆け寄ってきました。あまりの気迫に強盗かと思ったんですけど、「カメラをしまいなさい」とわざわざ注意しにきてくれた親切な方だったのです。カメラの心配だけでなく、「このエリアは本当に危ないからタクシーに乗って帰りなさい」とまで言っていました。そこまで遠くに行っていなかったのにタクシーなんて大げさのような気がしていましたが、後々調べてみたところ、このマルサ・ケサダ地区は白昼堂々強盗が行なわれる治安の悪い場所だったことがわかりました。

たしかにナタを持って歩いている人をたくさん見かけましたけど、畑で働いてきた帰りなんだろうなって思ってスルーしてました。もしかしたら彼らは身を守るためにナタを持っていたのかもしれません。

 

P4086166

ちょっと怖くなったので、夕食はターミナルの目の前にあったお店で食べました。

 

P4086167

チキンと赤飯みたいなやつとバナナチップスで、たしか3ドル(約330円)くらいでした。ニカラグアにはコルドバという通貨があるのですが、アメリカドルを使える場所が多かったです。

 

P4086174

夜も暑かったのでドアを全開にしていたら猫が入ってきました。ツンツンしても逃げない人懐っこくて可愛い猫。ここには他にも何匹か猫が住んでいるので、猫好きにはたまらないホテルだと思います。

マナグアはあまり見どころがなさそうなので、明日はグラナダという街に行ってきます。

    スポンサーリンク


    コメントを残す