サンティアゴに到着!治安についてチリ人に聞いてみました。

サンペドロ・デ・アタカマからバスに乗ってサンティアゴにやってきました。初日からいきなりやらかしちゃいました。

スポンサーリンク

P3033729

午後1時、ほぼ予定通りサンティアゴに到着。23時間半のバスの旅でした。

サンペドロ・デ・アタカマからのバスが到着したこのアラメダ・ターミナルは、メトロ「Universidad de Santiago」駅に直結しています。

 

P3033732

そこから、チリの友達が紹介してくれた宿「Tales(タレス)」のある「Republica」駅へ。

 

P3033733

メトロの中は結構広々としています。昼過ぎはこの通りガラガラなんですが、朝や夕方のピーク時は満員になるのでスリなどに気をつけないといけません。

 

P3033737

ここがサンティアゴの日本人宿「Tales(タレス)」。宿については次の次の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

P3033751

23時間半の移動でかなり疲れていたのですが、友達と美味しいチリのビールを飲みに行く約束をしていたので、老骨に鞭を打って待ち合わせ場所へと向かいました。

 

P3033754

「Baquedano」駅のチケット売り場前で待ち合わせ。この日は仕事だった友達のマカでしたが、ちゃんと時間通りに来てくれて一安心。時間通りに来なかったら連絡を取る術がなかったので本当に心配していました。

コロンビアのボゴタでソフィーが遅れてきた時に、連絡が取れなくてかなり焦ったことを思い出しますね。

 

P3033763

マカおすすめの「Cross」というチリビールで乾杯。

マカ曰く「Cross」の黒ビールは世界で一番美味しい黒ビールなんだそうですが、ギネスビールをこよなく愛する僕としては、ギネスの方が美味しいと思いました。

しばらく飲んでいたら、マカの友達のタマラがやってきたので、3人で再び乾杯。

 

P3033768

名前を忘れましたが、これチリ料理らしいです。ピントがあっていませんね。

フライドポテトの上に豚肉と玉子の料理が乗っかっています。たぶん醤油を使っていて、日本人が好む味だと思います。欲を言えば、ポテトじゃなくて、ご飯の上に乗せて食べたかったです。

 

P3033769

地震という意味を持つ「テレモート」というお酒を注文してくれました。すごく飲みやすく美味しかったのですが、名前の通り脳が揺れるくらい強いお酒でして、これを飲み終えたころにはベロッベロに酔っ払っていました。1人で帰れないくらいベロベロな状態になってしまったので、家の近かったタマラがわざわざタクシーで宿まで送ってくれました。

これでもし一人で帰れってことになっていたら、ちょっとやばかったと思うんです。サンティアゴの治安についてマカに聞いてみたところ、「危険ではないけどスリがめちゃくちゃ多い」と言っていました。そこら辺で酔いつぶれていたら荷物全部持って行かれていたと思います。

僕自身サンティアゴには2週間近く滞在することになるのですが、特に危険なことは何一つとして起こりませんでした。夜な夜なクラブに出かけたりもしていましたが、全く問題ありませんでした。

ただ、ケチャップ強盗未遂事件に遭った人には会いました。3人も。未遂というのはケチャップ(というか、汚い液体)をかけられたけど、そのまま何も取られることなく逃げ切ったという意味です。そんな古い手口に引っかかるバックパッカーはもうこの世に存在しないはずなんですけど、未だにケチャップぶっかけてくるバカな奴は多いみたいです。

あと、大事なことを一つ言い忘れていました。宿で会った友達がサンペドロ・デ・アタカマからのバスの中で鞄を盗まれていました。この日僕が乗ってきたのと同じバスです。パスポートなど貴重品を全て失ったと言っていました。パスポートの再発行はたったの2日でしてもらっていましたけど、盗まれた現金は保険の対象外ですからね。可哀想です。

ちょっと怖い話をしてしまいましたが、スリにだけ気をつけておけばサンティアゴで十分楽しく暮らしていけると思いますし、僕が中南米を旅してきた中で、住んでみたいと思った街はコロンビアのメデジンとグアテマラのアンティグア、そしてチリのサンティアゴだけでして、本当におすすめの都市です。

    スポンサーリンク


    コメントを残す