グアテマラのサンティアゴ・サカテペケスでは死者の日に凧揚げをします!

毎年11月2日前後に行われる「死者の日」の行事。2015年は11月1日(日曜日)に開催されました。

100年以上前から続くこの行事では、墓地にて天にいる先祖と繋がるために凧揚げをします。グアテマラのサンティアゴ・サカテペケスは死者の日の凧揚げで有名ということだったので行ってみることにしました。

スポンサーリンク

P1011348

アンティグアからサンティアゴまでの直行ローカルバスがなかったので、旅行代理店にて往復のバスチケットを購入しました。料金は35ケツァール(約550円)。まあまあ安いですね。

ローカルバス(チキンバス)を乗り継いで行く場合は、グアテマラシティ行きのバス(所要30分、5ケツァール)でサン・ルーカス・サカテペケスで下車。そこからサンティアゴ・サカテペケス行きのバス(所要20分、2ケツァール)に乗り換えて行くことができます。

 

P1011350

出発予定時刻から遅れること1時間。ようやく出発です。そこはいくらお金を払っていようが、何人もの人が待っていようが、グアテマラタイムです。

 

P1011465

約1時間でサンティアゴ・サカテペケスに到着しました。

 

P1011364

子供の方に目が行きがちですが、お母さんの頭の上の荷物、なかなかすごくないですか。

 

P1011365

墓地に近づくにつれて、人が多くなっていきます。

 

P1011373

バスを降りてから歩くこと約30分。墓地に到着。意外と遠かったです。

スポンサーリンク

P1011447

墓地の中には、直径10mくらいありそうな巨大な凧がたくさん並べられていました。

 

P1011383

これは揚げるものではなく観賞のための凧みたいです。これを制作するのに1年位かかるんだとか。

 

P1011388

風によって巨大な凧が倒れてしまいました。こんなデカいものの下敷きになったら大変です。巨大凧の側では、くつろがない方が良さそうです。

 

P1011448

人様の墓とか一切お構いなしに乗ったり、座ったり。こういうしっかりしたタイプの墓ならまだいいんですけど、、

 

P1011377

土で作られたお墓の上を、平気で踏みつけているようなバチ当たりな輩がたくさんいたことには正直驚きました。しっかり足跡が残っていますからね。

 

P1011397

大きいもので2mくらいありそうな凧から子供用の小さな凧まで、たくさんの凧が揚げられていました。

 

P1011415

2mクラスの巨大な凧の糸が切れたときの子供。ショックを受けていますね。

子供といいましたが、観光客にお菓子を売っているビジネスマンです。生きるために、こんなに小さい時から苦労をしているんです。

 

P1011435

こちらはおそらく金持ちの子供かなんかでしょう。普通に凧揚げを楽しんでいました。

こんな純粋な笑顔で何かを楽しんだことは、ここ15年以上はない気がします。大人になるって嫌ですね。

 

実際に2mクラスの凧を揚げるところ。いい風に乗らないと墜落してしまうのでなかなか難しそうでした。

 

P1011440

たまに凧が落ちてくるんですけど、下手したら大惨事になるってくらいの勢いで落ちくるんです。なので観光客も命懸けなのです。

 

P1011473

帰りは1時間半以上遅れての出発。ツアーに申し込んだことで、合計で2時間半も時間を無駄にしてしまいました。

ツアーなら楽だと思ったんですけど、実際のところ値段に見合ったものではないなと。もしアンティグアからサンティアゴ・サカテペケスへ向かうのであればチキンバスを乗り継いで行った方が値段的にも時間的にも良いかと思います。

ちなみに僕が申し込んだツアー会社は「BARCO EXPEDITIONS」というところでした。他で申し込んだ人も、一緒に行く場合があるので、似たような値段だったときには要注意です。

    スポンサーリンク


    コメントを残す