シーパンドンからシェムリアップへの行き方!バスでラオス国境越え

ラオス最南部にあるシーパンドン。シーパン(4000)ドン(島)という名前の通り、メコン川の約40kmに点在する数千もの島々からなる場所。

その中で最も観光客で賑わうと噂の”デット島”に一週間ほど滞在してきました。

スポンサーリンク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラオスには海がありませんが、デッド島に来れば”南の島”を味わうことができます。あまりの居心地の良さに、ついつい長居してしまいました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お兄さんが鶏を片手にバイクに乗っていたんですけど、恋心を抱いているんじゃないかってくらい身も心も委ねるかの如く寄り添う鶏の姿が微笑ましくて。

おそらく今晩のおかずになるんでしょうけど。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんなシュールな光景も、この島ではごく当たり前に目にすることができます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここ、レストランなんですけどなぜかジャンプ台が…。食い逃げするように促しているのでしょうか。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一節によると「カワイルカ」なる川に生息する白イルカが、シーパンドン周辺に生息しているそうです。

 

カワイルカ:カワイルカは全クジラ目の中で最も絶滅の危機に瀕している部類である。棲息に適した環境の喪失、人間による捕獲、元々多くない生息数などが、絶滅の危機に瀕している主な原因である。多くのカワイルカは視力が弱く(ほぼ盲目に近い種類もいる)、そのことも人間や人工物(船や漁網)に出くわす可能性が高い原因となっている。(引用:Wikipedia

 

「ほぼ盲目に近く人間に出くわす可能性が高い」とか、めっちゃ恐ろしいんですけど。あの浮き輪の人は怖くないんでしょうか。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

僕が宿泊した場所はサンセットバンガローという、夕日を眺めることのできる宿(一泊約450円)でした。

ちなみに記事上の写真はこの場所から撮影したシーパンドンの夕日です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スポンサーリンク

シェムリアップへの行き方!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラオス最南端の街からカンボジアのシェムリアップまでバスで移動しました。

バスの値段は30ドルくらいでしたが、国境越えの際にビザ代や賄賂込でさらに30ドルほど支払いました。全部で60ドルって今考えると結構高いですよね。

移動時間は約12時間と言われて出発しましたが、、、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝8時にシェムリアップを出発。ラオスとカンボジアの国境までは意外と近かったです。国境でバスを乗り換えます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いくら表面を溶かして綺麗になったからといっても、土まみれの状態の氷を一度目にしてしまったら、さすがに口にはしたくないですよね。そもそも、商売で使うであろう大切な氷をそんなところに置きますか、普通。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バスの乗り換えで結構な時間を待たされてしまい、結局出発できたのは到着してから3時間後でした。ここで3時間待ったということは、、、なんて嫌な予感がしましたよね。案の定、20時に到着予定だったバスがシェムリアップに到着したのは夜中になってからのことでした。

実は、シーパンドンで出会った友達も同じ日にシェムリアップへ移動していたのですが、バスが二種類あったみたいで別々に向かうことになったんです。で、なぜか彼のバスだけは予定通り到着していたみたいです…

    スポンサーリンク


    コメントを残す