バレンシアのおすすめ観光名所を紹介!マドリードから鉄道で移動!

翌日にビジャレアルという街でFCバルセロナのサッカーの試合を見るために、ビジャレアルのすぐ近くにあるスペイン第三の都市バレンシアに訪れることにしました。

スポンサーリンク

マドリードから鉄道で移動!

リスボンからの夜行列車でマドリードのチャマルティン駅に到着したのが朝の9時過ぎ。朝食を済ませてから10時30分発の高速列車に乗り換えてバレンシアへむかいました。

バレンシアのホアキン・ソロジャ駅までの所要時間は3時間50分ほど。鈍行列車も走っているのですが、安さと引き換えに6時間半くらいかかるようだったので、貧乏人ながら時間をお金で買うことにしました。

 

DSC04804

列車からの景色はいい感じの田舎だったのですが、さすがはスペイン第三の都市バレンシアだけあって、駅からして都会的な匂いが漂ってきます。

 

DSC04886

駅から旧市街へ向かう途中にはバレンシア北駅があります。

 

DSC04884

その横にはバレンシア闘牛場があります。スペインといえば闘牛というイメージがありましたが、まさかこんなに大きな闘牛場があるなんて想像もしていませんでした。

 

DSC04809

バレンシアはミラノを彷彿とさせる素敵な街並みです。

 

DSC04811

市庁舎広場(アユンタミエント広場)。立派な噴水がありました。

 

DSC04822

市庁舎は観光名所に入れてもいいんじゃないかってくらい立派です。

 

DSC04824

4月になったばかりなのにもかかわらず、この日の気温は28度もありました。

 

DSC04829

でも日本とは違い湿気が少ないので、日陰に入るとあまり暑さを感じません。

 

DSC04830

街の至る所に立派な建物が配置されています。スペインはヨーロッパの中でも芸術性が非常に高い国だなと感じました。

 

DSC04832

世界遺産に登録されているラ・ロンハ・デ・ラ・セダ。世界遺産に相応しいかなり強気な名前が付けられています。ノイシュヴァンシュタイン城の次くらいに覚えにくい名前です。

 

DSC04833

そのラ・ロンハは柱の広間が有名のようです。バルセロナにあるグエル公園にも立派な柱がありますが、また違った良さがここにはありました。

 

DSC04835

ステンドグラスから差し込んできた光が綺麗です。

 

DSC04837

スーパーマリオを彷彿とさせる一枚。バレンシア州の州旗が建物や空の色にすごくマッチしていました。

 

DSC04838

ラ・ロンハ周辺には教会が密集しています。

 

DSC04842

こちらもすぐ隣にあるロス・サントス・フアネス教会。立派すぎて、もはやお城と呼んだ方がいいかもしれません。

この教会の横にはバレンシア中央市場という日本でいうところの築地のような市場があります。

 

5511614619_4ec47ca080_z

Marc/Central Market – Mercado Central, Valencia (Spain)

僕は訪れていませんが、天井がアートのようになっています。4トラベルで1位になっていたので、かなり人気の観光スポットなのかもしれません。

 

DSC04855

そんな素敵な市場には目もくれず、路地裏へと進んでいきました。

スポンサーリンク

DSC04859

研ぎ澄まされた感覚を頼りに歩いていくと、レイナ広場に辿り着きました。

 

DSC04875

広場の隣にはカテドラル(サンタ・マリア大聖堂)があります。

 

DSC04861

ミゲレテの塔。頂上からバレンシアの街並みを一望することができます。

 

DSC04862

カテドラルの模型。ほどよく酸化していて深みがあります。

 

DSC04863

こちらもレイナ広場の横に位置するサンタ・カタリナ教会。

 

DSC04807

サンタ・カタリナ教会の鐘楼。これ、地元に一つ欲しいですね。

 

DSC04871

こんなに遠くからも鐘楼を拝むことができました。

 

DSC04887

全然関係のない話になりますが、本屋でこんなものを発見しました。

なんと村上春樹さんの作品がスペイン語に訳されて販売されていたのです。同じ日本人として誇らしいですね。

 

DSC04877

光の差し込み具合から計算されてるかのように、すべてが美しいかったですね、バレンシアって。

 

8422970825_7a1dba4478_z

O Palsson/Sunset in the City of Arts and Sciences, Valencia, Spain

僕は時間がなかったので行くことができませんでしたが、旧市街から約2km離れた場所に「芸術科学都市(アートアンドサイエンスシティー)」があります。

ガウディの再来と言われている、バレンシア生まれのサンティアゴ・カラトラバという建築家の作品が一同に会しているそうで、かなり人気のある場所のようです。時間がある方は是非訪れてみてください。

 

DSC04872

Red nest Hostel

16ユーロ(12人部屋のドミトリー)

最後にホステルの紹介を。

夜中の3時まで部屋には僕しかいなかったのですが、突然10人くらいの団体がやってきてました。次の日は野宿することを決めていたのでなんとか寝ておきたかったのですが、見事に邪魔をされました。

そして、寝不足のままビジャレアルへ…

 

53日目:ビジャレアルでサッカー観戦(vsバルセロナ)!鉄道での行き方!

51日目:ポルト観光おすすめスポット!リスボンからの移動方法について!

    スポンサーリンク


    コメントを残す